こころが光に変わるとき

スピリチュアルなことを綴っていきます

人間ドラマ

ワンネス

全ては一つである。

だから私が私を愛するとき、世界は愛の世界に変わる。

 

だけど普段の生活でそのことをわすれてしまう。

 

目の前で起きる出来事に、一喜一憂する。

 大切なことは私は光であること、

 大切なことは私は愛であること、

 

自分の意識が全てだと思う。

意識が現実世界に没頭して、人間ドラマの中にはまってしまうと、

ワンネスも光も愛も忘れてしまう。

 

愛されない自分に意識を向け、

足りない自分に悲しんで、

病気におそれて、

路頭に迷うことに不安に思う

 

だけど意識を自分の内側に向けると、光がみえてくる。

自分の意識を自分の中の光に向けるだけで、瞬間に気持ちが変わる。

 

本当に簡単なことだけど、本当に難しく感じてしまう。

 

全ては自分、全てが自分、自分の中にすべての宇宙が存在する。

私が外の世界を認識しなければ、外の世界は存在しないから。

だからすべてはワンネスなんだ。

 

どんな時でも自分の中の愛に気づこうよ。